司法書士はどんな仕事を? 

司法書士は普段は、どのような仕事をしているのでしょうか。元々は登記の仕事が中心です。登記や供託に関する手続きやその書類作成、または登記の相談を受け付けています。また、企業法務や成年後見業務も行います。そして今では、簡易裁判所で、民事関係の訴訟を代理する業務を行っている人もいます。
もちろんこれを行うには、法務省指定する研修を受け、法務大臣の認定を受けることが必要です。認定を受けると、民事訴訟や支払督促、少額訴訟などの代理業務を、簡易裁判所で行えるようになります。この中には、債務整理も含まれます。ただし代理業務を行うは条件があり、訴訟の目的となる金額が、140万円以下の場合に限定されています。ですから、支払督促の対象となる金額が100万円の場合は、代理業務ができますが、債務整理で自己破産の依頼をした場合、その債務が200万円あった場合は、当事者が破産宣告を行うことになります。もちろんその時も書類は作ってくれますし、裁判所に同行もしてもらえます。
それ以外にADRと呼ばれる、裁判外紛争解決にも携わることができます。これは仲裁や調停など、訴訟によらない問題解決のことで、この場合は他にも社会保険労務士、弁理士、土地家屋調査士にも代理権が与えられています。a0002_004006

コメントは受け付けていません。