刑事事件捜査の流れと職務

刑事事件の発生を警察が認識すると職務として捜査を行います。捜査を進めて行くうちに容疑者が割り出されると、裁判官から逮捕令状を発行してもらいます。そしてその令状を持って容疑者の所へ向かい令状を提示し、手錠と縄で拘束するといった方法で逮捕します。逮捕後は容疑者の取り調べをしながら刑事事件捜査を進めるといった流れになります。
取調中は身柄を拘束され、警察の留置場に宿泊する事になります。その際に所持品を調べられ身体検査も行われます。施設内に持ち込む事が禁じられている品物は領置されます。その後は送検するかどうか警察が判断する事になり、送検しない場合は釈放されます。送検されると身柄を拘置所に移され、移動する際には手錠をかけられ他の被疑者と縄で繋がれた状態で護送車に乗ります。拘置所へ到着すると入所の際には再び所持品検査や身体検査が行われます。ここでの検査は厳しめに行われ、下着を含めて衣服を全て脱いだ状態になります。そして検察の取り調べを受け、起訴されると拘置所で生活をしながら刑事裁判を受けるといった流れになります。また収容人数の関係により拘置所へ身柄を移さず、留置場にいる状態で取り調べを行う場合もあります。a0001_000062

コメントは受け付けていません。