‘未分類’ カテゴリー

法廷画家の普段の仕事は何?

法廷画家には、大きく分けて2種類の人がいます。新聞社やテレビ局に勤務している人と、フリーランスの人です。前者の場合、普段は社内で別の仕事をしており、世間から注目される事件の裁判が開かれる時のみ、法廷画を描くことになります。後者の場合、フリーのイラストレーターや漫画家が兼業で法廷画家の仕事をしている人です。法廷画家の仕事だけで安定した収入を得ることは難しいため、専業でやっている人はほとんどいません。具体的には、報酬は1枚につき1万円から10万円程度で、仕事の依頼数も、世間が注目する大事件が頻発した場合は増える可能性はありますが、だいたい年間30件未満とされています。したがってフリーで法廷画家を目指したい人は、本業を持っており、生活の基盤がある程度できていることが大前提となります。特別な資格が必要な仕事ではありませんが、とにかく速く絵が描けることが必須要件とされます。法廷では写真が撮れず、裁判によっては10分程度で法廷から退出しなければならないからです。制限された条件のもと、法廷の雰囲気と被告人の表情などを正確に描く能力が求められます。普段のイラストや漫画の仕事で筆が遅い人には残念ながら向かない仕事と言えます。a0027_000273

裁判所への訴状や答弁書を作成

訴訟を提起する際、または訴えられた場合には、それぞれ訴状や答弁書など裁判所に書面を提出する必要があります。これらの書面は専門的知識がなければ書けないだけでなく、実務経験が不足していると知らないうちに不利益な事柄について記載してしまったり、書かなければいけないことを書きもらしてしまったりします。つまり、書面の内容いかんで裁判の勝敗が決まってしまうことがあるということです。したがって、弁護士や司法書士など法の専門家に任せるのが一番であるといえるでしょう。

ところで、簡裁代理権を持った認定司法書士は訴額が140万円を超えない額まで、弁護士であれば特に制限なく、それぞれ代理権があります。ですので、裁判所に提出する書面だけではなく、法律家に依頼してあなたの代わりに裁判所に行ってもらうこともできます。裁判所での弁論などについても、民事訴訟法の知識が必要となりますので、できれば専門家に依頼すべきでしょう。

特に弁護士の場合には、書面作成だけを引き受けるというケースは少なく、裁判所への出頭を含めた裁判全体を受任することがほとんどです。裁判所での弁論などにも慣れていますので、訴額が大きな事件や複雑な事件などに関しては弁護士に裁判そのものを任せてしまうのが合理的です。a0015_000012

成年後見制度:判断能力が不十分な方を保護し支援

成年後見制度は、広い意味においては思考の能力に継続的に衰えがある場合に、その衰えを助け補うために、法的にその者を支援するための制度のことを指しています。これには、法定後見と、任意後見があります。民法に基づくものを法定後見といいます。任意後見契約に関しての法にのっとるものを任意後見といいます。広い意味では、この任意後見を含んでいます。厳格にいうと、法定後見のみを指します。
法定後見は、民法の規定に従っています。意思能力が衰えた者の行為を制限し、その者を保護する役割があります。また、取引などの円滑な作業を目的としています。この制度は、ドイツやイギリスを参考にして2000年に設けられたものです。これは、介護保険制度の発足が契機となったものです。認知症の高齢者は、契約などの決定能力に欠けるために、法律行為を支援するために、この制度の制定が急務でした。そして、介護保険法と共に、通常国会において成立し施行されることになったのです。この制度は、旧来の禁治産、または準禁治産制度のかわりとして設けられましたが、内容は大幅に変わっています。本人の保護をより重視し、決定権の尊重また調和を大切にしているのです。a0002_004326

司法書士はどんな仕事を? 

司法書士は普段は、どのような仕事をしているのでしょうか。元々は登記の仕事が中心です。登記や供託に関する手続きやその書類作成、または登記の相談を受け付けています。また、企業法務や成年後見業務も行います。そして今では、簡易裁判所で、民事関係の訴訟を代理する業務を行っている人もいます。
もちろんこれを行うには、法務省指定する研修を受け、法務大臣の認定を受けることが必要です。認定を受けると、民事訴訟や支払督促、少額訴訟などの代理業務を、簡易裁判所で行えるようになります。この中には、債務整理も含まれます。ただし代理業務を行うは条件があり、訴訟の目的となる金額が、140万円以下の場合に限定されています。ですから、支払督促の対象となる金額が100万円の場合は、代理業務ができますが、債務整理で自己破産の依頼をした場合、その債務が200万円あった場合は、当事者が破産宣告を行うことになります。もちろんその時も書類は作ってくれますし、裁判所に同行もしてもらえます。
それ以外にADRと呼ばれる、裁判外紛争解決にも携わることができます。これは仲裁や調停など、訴訟によらない問題解決のことで、この場合は他にも社会保険労務士、弁理士、土地家屋調査士にも代理権が与えられています。a0002_004006

法務省における職務

法務省は、日本の行政機関です。基本法制の維持や整備を行っています。また、法による秩序の維持や、国民の権利を擁護することも行っています。そして、国の利害関係にある争訟を適切に処理します。そして、出入国の管理を任務としています。
戸籍や国籍を管理しているところでもあります。戸籍を取り扱っている市町村などに助言や支持などを行っているのです。戸籍課においては、成年後見登記の取り扱いを行っています。また、会社を設立した場合は、法人登記部門に申請をします。土地やマイホームやマンションを購入する際には、不動産登記が必要です。相続の場合も手続きが必要です。
また、家賃などの供託もしています。外国の法に従って結婚する際には、証明書の発行が必要となります。この証明書の発行も行っています。また、外国の人が日本の国籍を取得するには法務大臣の許可が必要になります。そのため、帰化の窓口申請が必要です。
国に利害が及ぶ訴訟は、訟務部門が代理人として、訴訟に関する活動を行っています。
いじめや、人権侵害、また虐待などの相談も受け付けています。救済のためにアドバイスや活動を行っています。また、ご近所トラブルの問題についても相談をうけています。a0002_000036

 

政府、国際機関等における職務

検事は、日本の検察官の5つの官名のうちのひとつで、その職務の内容というのは多岐にわたっています。検察官は、法務省に所属しています。まず、刑事事件については、代表者として民法や各種の法律によって、多くの権限を持っています。法に違反した人を取り調べることができます。事件の立証をするのが仕事です。起訴または不起訴の処分を下します。訴訟されると、裁判が行われます。そして、被疑者の罪が検討されることになるのです。また、裁判所には法の正しい適用を求めて、裁判の指揮監督する権利を持っています。事案の真相を解明するという任務があります、そのため、訴訟すべき事案を的確に判断しなければなりません。大変重い責任をもっているのです。裁判では、陳述を行います。犯罪の内容や、被疑者の特別事情、求刑などを述べるのです。
限られた時間の中で、責任もあり高い質の仕事をすることを求められているのです。忙しく大変な仕事なのです。犯罪が発生すれば多くの仕事をこなす必要があります。
その他にも多くの活動を行っています。検察官としての活躍のイメージが強いですが、外国の組織においても必要とされているのです。在外公館や、海外組織などにも出向をして幅広く活躍しているのです。a0001_000584

刑事事件捜査の流れと職務

刑事事件の発生を警察が認識すると職務として捜査を行います。捜査を進めて行くうちに容疑者が割り出されると、裁判官から逮捕令状を発行してもらいます。そしてその令状を持って容疑者の所へ向かい令状を提示し、手錠と縄で拘束するといった方法で逮捕します。逮捕後は容疑者の取り調べをしながら刑事事件捜査を進めるといった流れになります。
取調中は身柄を拘束され、警察の留置場に宿泊する事になります。その際に所持品を調べられ身体検査も行われます。施設内に持ち込む事が禁じられている品物は領置されます。その後は送検するかどうか警察が判断する事になり、送検しない場合は釈放されます。送検されると身柄を拘置所に移され、移動する際には手錠をかけられ他の被疑者と縄で繋がれた状態で護送車に乗ります。拘置所へ到着すると入所の際には再び所持品検査や身体検査が行われます。ここでの検査は厳しめに行われ、下着を含めて衣服を全て脱いだ状態になります。そして検察の取り調べを受け、起訴されると拘置所で生活をしながら刑事裁判を受けるといった流れになります。また収容人数の関係により拘置所へ身柄を移さず、留置場にいる状態で取り調べを行う場合もあります。a0001_000062

成年後見人はどうやってなるの?

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人が、その人らしい生活をおくるために必要な契約や財産管理などを適切に行うことができるよう、また本人にとって不利益な契約とならないよう、権利と財産を守るための支援をする制度です。本人の利益のために本人を代理して契約などの法律行為を行ったり(代理権)、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり(同意権)、本人が同意を得ないで行った不利益な法律行為を後から取り消す(取消権)など、裁判所で認められた内容に従って、選任された後見人(後見人、保佐人、補助人)による支援を受けることができます。

制度の種類は、判断能力が不十分になる前に契約を結ぶ「任意後見制度」と判断能力が不十分になった後に申し立てを行う「法定後見制度」の2つがあります。

成年後見人になるためには、まず本人の本拠地を管轄する家庭裁判所に申し立てを行う必要があります。その後、本人は選任された後見人など(後見人、保佐人、補助人)に、裁判所で認められた権限に従って支援を受けることができます。申立権者は本人、配偶者、四親等内の親族、検察官、市町村長その他と定められています。また、申立手数料、切手代、登記手数料、鑑定予納金などの費用がかかるため、確認が必要となります。ウェディング14

成年後見登記制度って何?

民法第7条では意思能力を恒常的に欠く者に対して、成年後見の制度を設けています。この意思能力を恒常的に欠くものというのは、認知症の方や重度の精神病にかかってしまった方などがあたります。意思能力については医師などの専門機関が鑑定し家庭裁判所が成年後見の審判をおこないます。家庭裁判所が意思能力を恒常的に欠くと判断した場合、後見開始の審判が下され、後見登記等ファイルと呼ばれる登記ファイルに登記されます。この登記によって、本人に意思能力がないことを証明することができます。この制度を成年後見登記制度といいます。意思能力を欠くものが行った法律行為は無効ですが、実際の裁判で意思能力を欠くと証明するのは非常に困難です。しかしこの成年後見登記がされていることによって容易に意思能力がないということを証明することができます。そして後見開始の審判が下されると、審判を下された者が成年被後見人となり、法定代理人として成年後見人が選出されます。成年後見人は1人に限らず、複数人選出することもでき、自然人に限らず法人も成年後見人になることができます。成年後見は成年被後見人の死亡、または本人の意思が回復して後見開始の審判が取り消されることで終了します。ウェディング13